語句・熟語

窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず

窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず ・行き詰まってどうにもならなくなると、何かが変わらざるをえなくなる。何かが変わると、おのずと道は開けてくる。 ★解説 困難に出会っても、何かが変わるほど悩みぬけば、おのずと道は開かれるものです。だからあきら…

老子

跂つ者は立たず、跨ぐ者は行かず ■由来高く見せようとつま先で立ったりすると、かえって足元がふらついてしまう。速く行こうと大股で歩けば、体勢が崩れてしまう。 ■意味自分の力以上に見せようとしても無理があるし、そのうえ尊敬もされない。焦らずに、一…

唯々諾々(いいだくだく). [意味] 物事の善悪・価値を深く考えることなく、簡単に相手の意見に従って言いなりになってしまうこと。他人の主張・要求に対して、自分の頭でしっかりと考えて判断せずに、盲目的にただその主張・要求に従ってしまうこと。