ロバートルービン

選択肢があることは、それだけで好ましい。物事はすべて確率論として見るべきで、絶対に正しいということはあり得ない。