窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず

窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず

 

行き詰まってどうにもならなくなると、何かが変わらざるをえなくなる。
何かが変わると、おのずと道は開けてくる。

 

★解説

困難に出会っても、何かが変わるほど悩みぬけば、おのずと道は開かれるものです。
だからあきらめて悩むことをやめてはいけません。